調査・研究

10

海外医療福祉建築研修2013報告書(その1) 2014年7月17日

布施 剛臣 視察月日  :2013年10月10日 視察先   :Clinique Monet(Clinique de champigny:シャンピニー病院、フランス) 案内者   :Mr Orcier, Générale de santé...

続きを読む ≫

調査・研究

  • No Image

    Dynamic Soil-structure Interaction of High-rise Building with Massive Foundation 2012年5月5日

    15th World Conference on Earthquake Engineering 著者 三辻和弥(山形大学) 藤原 薫(鈴木建築設計事務所) 2年前に東北大学から山形大学に移られた三辻准教授との初めての共著論文である。本論文は...

    続きを読む ≫

    調査・研究

  • No Image

    ノースリッジ地震により被害を受けた16階建RC造集合住宅の改修 2009年9月12日

    日本建築学会  2000年9月 東北 著者:関嘉男(関建築研究所) 寺岡勝(フジタ) 藤原薫  「ノースリッジ地震災害調査報告」(日本建築学会 1994年)に被害状況および直後の改修計画については既に報告済みである。ここでは、実際に行った改...

    続きを読む ≫

    調査・研究

  • No Image

    下部構造に制震システムを有する単層円筒ラチスシェル構造の応答性状 2007年9月5日

    (鋼構造論文集第14巻第55号 2007年9月) 著者:山田聖志(豊橋技術科学大学),松本幸大(米子工業高等専門学校),齋藤英二 [研究の背景] 鋼管やH形鋼を構成部材とする単層円筒ラチスシェル構造を有する空間構造物は,教育施設体育館などに...

    続きを読む ≫

    調査・研究

  • No Image

    建築杭基礎の耐震設計の考え方 2.1節 3.1節 2006年4月12日

    2006年刊行予定 著者:藤原薫 PHC杭のせん断破壊が注目された宮城県沖地震(1978)以後、杭の耐震性を考慮した設計の必要性が指摘されてきたが、兵庫県南部地震(1995)でさらに多くの杭基礎の被害事例が発生したことによって、その必要性が...

    続きを読む ≫

    調査・研究

  • 15-2

    三浦記念山形商工会館耐震補強設計業務(山形市) 2004年5月16日

    前年度に行った耐力度調査の結果、本建物が近い将来の建替え計画があるものの、少なくとも1階の一部の柱については応急的にせん断補強を行ったほうがよいと判断した。そのため、施工性を考慮に入れて炭素繊維シート巻き工法による補強を山形市に提案し、採用...

    続きを読む ≫

    調査・研究

  • 建物外観

    三浦記念山形商工会館耐力度調査業務(山形市) 2003年10月12日

    本建物は山形市役所の向かいにある地下1階地上4階塔屋2階の建物である。用途は事務所および店舗である。昭和37年に竣工し、築後42年が経過している。そのため、耐力度調査および老朽度調査を実施した。 コンクリートはまだ生コンクリートがない時代の...

    続きを読む ≫

    調査・研究

  • No Image

    「スクリュープレート工法-ねじ節鉄筋を用いる機械式定着工法-」開発・性能証明取得業務 2002年11月12日

    性能証明第02-15号 2002年11月 性能証明申込者:朝日工業株式会社 本技術は、JIS G 3112 の異形棒鋼の規定に適合するねじ節鉄筋「ネジエーコン」を使用し、雌ねじを有する定着金物「スクリュープレート」を、このねじ節鉄筋の端部に...

    続きを読む ≫

    調査・研究

  • No Image

    外部柱梁接合部への梁主筋の機械式定着耐力に関する研究 2002年9月12日

    日本建築学会 2002年9月 著者:大渕雄平(近畿大大学院)・窪田敏行・福田幹夫・今井弘(筑波大)・藤原薫 建設省総合プロジェクト「略称NEW RC」(1988~1993年)の研究において、村上雅英氏(当時筑波大学 現在近畿大学)による機械...

    続きを読む ≫

    調査・研究

  • clip_image003

    二重定着せん断補強筋「DAスカイフープ」の開発・評定取得業務(BCJ評定-RC-0103) 2001年10月16日

    2001年10月 申込者:株式会社 コーテックス 本工法は今井弘(筑波大学)の特許に基づいて開発されたものである。今井先生とは茨城県の耐震判定技術資料を作成した時以来の7,8年ぶりのお会いすることとなった。日本能率協会総合研究所の依頼で私が...

    続きを読む ≫

    調査・研究