構造設計一級建築士とは

構造設計一級建築士とは、平成18年12月20日に公布された新建築士法において設備設計一級建築士とともに創設された制度です。

この制度は、一定規模以上(木造で高さ13m又は軒高9mを超える建築物、鉄骨造で4階建て以上の建築物、鉄筋コンクリート造で高さ20mを超える建築物等)の構造設計において、構造設計一級建築士が自ら設計を行うか、若しくは構造設計一級建築士に構造関係規定への適合性の確認を受けることを義務付けたものです。

この制度は平成20年11月28日より施行され、構造設計一級建築士による設計又は法適合性確認が義務付けられるのは、平成21年5月27日からで、この日以降に設計される建築物が対象となります。

 

会社概要に戻る