庄司 和彦

20-14

トルコのローマ遺跡  その2 2012年3月18日

庄司 和彦 ローマ遺跡の続きです。トルコのローマ遺跡は自然の地形と一体になっているので荒涼たる風景の一部になっています。これら古代都市群は主にエーゲ海近郊に広がっています。これを見ると地中海世界の東の果てまで君臨したローマ帝国の凄さを実感で...

続きを読む ≫

コラム”散歩道”

  • 19-10

    トルコのローマ遺跡  その1 2012年3月18日

    庄司 和彦 トルコ西南部には古代ローマ遺跡が多くあります。意外に思われるかもしれませんが、その壮大さは本家のイタリア等欧州のローマ遺跡を凌駕しています。そしてその遺跡の風景、佇まいは全く異なっているのです。ギリシャ人、ペルシャ人、ヘレニズム...

    続きを読む ≫

    コラム”散歩道”

  • 18-8

    カッパドキアの洞窟住居 2012年3月14日

    庄司 和彦 (庄司和彦設計室) 今回は「人間と岩の大地のかかわりについて」が主なテーマです。 トルコ・アナトリア高原に聳える霊峰エルジエス山の大噴火によってカッパドキアの奇岩台地が生まれました。世界遺産カッパドキアは自然遺産だけではなく文化...

    続きを読む ≫

    コラム”散歩道”

  • 17-8

    キャラヴァンサライ(隊商宿)の中庭 2012年3月11日

    庄司 和彦 (庄司和彦設計室) シルクロードは、中国西域から中央アジア、イラン高原を通ってアナトリア地方(トルコ地域のこと)を縦断、イスタンブールへ至るというのが一般的なイメージでしょう。 昨年の旅行ではこのトルコ・シルクロードをラクダでは...

    続きを読む ≫

    コラム”散歩道”

  • 16-8

    文明の慟哭―ブルーモスクとアヤソフィア 2012年3月10日

    庄司 和彦 (庄司和彦設計室) 今回は、昨秋旅行したイスタンブール歴史地区でのアヤソフィアとブルーモスクについての私の独断的比較印象論です。 イスタンブールはかつて難攻不落のローマ城壁によって守られたビザンチン帝国(東ローマ帝国)の首都コン...

    続きを読む ≫

    コラム”散歩道”

  • 15-6

    手づくりの木の箱―地域のコミュニティハウス 2012年3月9日

    庄司 和彦 (庄司和彦設計室) 今回は最近私がかかわった小さいけれど面白い仕事を紹介します。 これは東京世田谷にある地域の仲間たちのコミュニティハウスです。(規模は25坪ほど) テニスを中心としたコミュニティを存続させるために同好の士が手づ...

    続きを読む ≫

    コラム”散歩道”

  • 14-6

    トルコの人々は素晴らしい 2012年3月7日

    庄司 和彦 (庄司和彦設計室) 昨年の秋12日間トルコを旅行してきました。 もともと私は地中海文明が好きで、トルコのエーゲ海側に点在する膨大なローマ遺跡を見たいというのが目的の一つでした。建築的にも色々発見がありましたが、この旅で一番認識を...

    続きを読む ≫

    コラム”散歩道”